ペットクリニック大橋 院長のブログ

petclinico.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:動物看護士( 3 )

動物看護師(士)という呼び方

家庭動物の看護を職業とする人、獣医の診療の補助をする人
動物病院で診療に従事するスタッフの人々は、とても大切な存在です。

つづきはこちら
by petclinico | 2010-04-07 23:41 | 動物看護士 | Comments(2)

「動物看護士」の卵に期待!

 昨日も書いたように、今日は動物看護専門学校の新学期最初の授業に行ってきました。
 授業の内容は動物のガンについてですが、今日は特に基礎編で「動物のガンとはどのような病気なのか。」とういう話をし、そのうえで次の様な質問を学生さんたちにしてみました。

・なぜ我々は動物のガンを治療するのか、家族はどうして治療をのぞむのか?
・家族は何を心配し不安に思い、それに応えるために私達には何が必要か?

これは一見当たり前のことを訊ねているようですが、診療に従事するスタッフは常に深く考えるべきことだと思います。今後授業を通じて考えを深めてもらえればうれしいと思っています。

 写真は授業の前に時間があったので本を読んでいた公園です。都心部にあり小さいけれど、きれいで静かなところです。
b0138613_20292416.jpg

by petclinico | 2008-04-17 20:29 | 動物看護士 | Comments(0)

明日は新学期の授業スタート

明日は休診日です。都内の動物看護専門学校で非常勤の講師をしているのでその授業にいきます。腫瘍学(動物のガン)についての授業です。動物病院で獣医師とともに働くスタッフである『動物看護士』(VT、AHTとも呼ばれます)は、近年その重要性、存在感がましています。私の授業がVTをめざす皆さんに役立って、何か刺激を与えられればうれしいと思い、診療の現場で起きていることなどもお話ししています。今後このブログでも動物看護士の仕事の大切さ、重要さについて皆さんにお伝えしていきたいと思っています。
by petclinico | 2008-04-16 20:06 | 動物看護士 | Comments(0)