ペットクリニック大橋 院長のブログ

petclinico.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:クリニックよりのお知らせ( 19 )

年末年始休診のおしらせ

気づけば12月も中頃となりました。
なるべく意識しない様にと思いますが、やはりなぜかそわそわしますね。

当院の診療は年内は30日(月)まで、年始は4日(土)からです。
その間大晦日、三ヶ日を休診とさせていただきます。

これからの時期わんちゃん、ウサギさんは皆様の生活の変化や、イベントにともなう
ストレスや慣れない食べ物等に注意しましょう。

猫さんや小鳥さん、その他ちいさい子たちは気温、室温低下による体調不良に気をつけましょう。

また療法食や継続中のお薬の準備はお早めに。

b0138613_1591375.jpg

by petclinico | 2013-12-14 15:08 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

年末にむけて

7月から9月にかけて
一つの“いのち”にしっかり向き合う、をテーマに
夏期の診療時間延長、診療予約制への変更などを通して
診療の改善をすすめてきました。

幸い皆様に好評をいただき、予約制への変更もスムーズに進んでいます。
ご理解、ご協力をいただき有り難うございます。

反省としましては、この3ヶ月の後半、お盆以降
ちょっと息切れというか、改善疲れがでたのか
せっかくの予約制が充分に生かされていない
診療の質向上の取り組みが、充分ではないと感じています。

効率の良い診療をめざしたのではなく、もっと動物を診る
もっと皆様のお話をきかせていただくための変革だったはず。


ここで、年末に向け、もう一度エンジンをかけ直していかねば。

そこで今、計画していることとして
皆様へのアンケートの実施、より良い食生活を中心とした
健康増進キャンペーンの展開、などがあります。
他にも緩和ケアの勉強会(相談会)なんかもできたらな、と。

10月中旬ごろには詳細をきめて
皆様にお知らせしたいと思っています。
b0138613_21154523.jpg

by petclinico | 2013-10-01 21:15 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

電話一本!フードをお届け!!

なんか思いっきり宣伝みたいで、申し訳ありませんが
当院では電話でご注文いただけば、翌日には宅急便でペットフードが
ご自宅に届くというサービスをしています。

あまり少量ですと送料かかりますが、3kgを2袋、8kgなら1袋でかかりません。
ほとんどのケースで翌日のお届けが可能です。


どうしていきなり、こんな宣伝をしているかというと
最近やや思い直したことがあるのです。

ほとんどの動物病院ではペットフードの販売が行われ、
収入源となっています。当院も行ってきました。
しかし、あまり積極的ではありませんでした。

皆様との信頼関係を第一に考え、相談にはのっても
選択は皆様に委ねてきました。
ペットフードメーカーの影響力もとても強く
距離をとることも必要でした。

しかし自分自身の体験や、日々の診療を通して
よりよい食生活の必要性を痛感しています。

ペットフード100%の食事が必要と申し上げるつもりはありません。
食事とは多様で、楽しみのある必要があります。
しかし食事の中心がペットフードになるケースがほとんどだと思います。

そうであれば、良質でその子にあったフードを食べてもらいたい。
さらに勉強、工夫し、よい食生活のための情報発信も強化してまいります。

お気軽にご相談ください。
by petclinico | 2013-09-04 21:41 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

第二の開院

9月からの診療予約制への変更を皆様にご案内し始めて
およそ1ヶ月が経過しました。

ご来院の方には直接説明させていただき、多く好意的にご理解いただいていますが
心配されている方もいらっしゃると思います。
お気軽にご意見、質問をいただけます様お願いいたします。


予約制の導入については以前から考えていましたが
決断したのは今年の7月に入ってからのことでした。

このままではいけない
と思いました。診療の形をしっかり作り直さなくてはと。

その時点からスタッフ、家族にも協力してもらい
9月からの新しい診療に向けて、準備を進めています。

第二の開院のつもりで。
by petclinico | 2013-08-09 17:47 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

予約制への変更 一つの“いのち”にしっかり向き合うために

 ご来院の皆様にはハガキにてお知らせしましたが、
当院では本年9月1日より診療を予約制にさせていただきます。

 「予約制ってなに?どうかわるの?」
 「なんか面倒だなあ。」
 「行きたいときにいっちゃいけないの?」
 「なんで変更する必要があるの?」
 「本当によくなるの?」

こんな風に思われる方もいるかもしれません。そこで順番に説明します。


・予約制ってどうかわるの?

いままではいつでもご来院の順番に診察を受け付けていましたが、
変更後は事前に予約いただいた時間にあわせて診療します。


・なんだか大変そう。

申し訳ありません。
しかし来院時に受付窓口で次回分を予約する、あるいは必要なときお電話いただくだけです。
(診療の予約は、窓口/電話ともに診察時間内ならいつでもお受けします。)


・行きたいときにいっちゃいけないの?

もちろん予約無しで来院の場合も、時間を調整しながら、随時できるだけすみやかに診療します。
急患は特に優先します。しかし皆様に予約にご協力いただけば、よりスムーズに受診いただけます。もちろん受診当日の直前の電話での予約でも大丈夫です。


・どうして変更するのですか?

これにお答えするのが最も大切です。私たちは今、自分が診療を担当する一つの“いのち”にしっかり向き合いたいのです。“いのち”とは家庭動物の生命とその健康、それを必要とする皆様との大きな「物語」です。それを大切にするために、過剰でも不足でもない正確な診療を行う。その環境づくりとしての予約制です。


・ 本当によくなるの?

当院は現在でも比較的時間をかけた診療を行っています。しかし短時間にご来院が集中することもあり、待ち時間が長くなる、駐車場が利用できなくなる、待合室が混雑するなどの問題がでます。
そういう状況では動物たちの負担も増え、やはり慌ただしい診療となります。予約制への変更により、もっとスムーズに、もっと良い診療を提供できるようになると考えています。


家庭動物の健康を目指し、それを通して皆様と診療する私たちは何を得られるのか、
常に考え続け試行錯誤を続けていきたい。
そのために皆様のご理解、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い致します。
by petclinico | 2013-07-14 09:25 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

春のいろいろな予防について

本日も命がけの仕事をつづける方々に感謝し
過酷な生活をしいられている方々のことを想います。

そんな中、落ち着いて自分の役割を果たせているのか考えます。


わんちゃんの春のいろいろな予防について
心配されている方もいらっしゃるかと思います。

特別な事情がないかぎり、まだ慌てることはありません。
いまは静かに過ごすことを心がけた方が
わんちゃん達にとってよいと思います。

以下にまとめます。

狂犬病予防接種 :6月までの接種が義務づけられています。
         市町村の集合注射のほか、
         最寄りの動物病院でいつでも受けられます。

フィラリア症予防:蚊に刺されて、心臓に寄生虫が感染する病気です。
         蚊の発生時期にあわせて5~12月に予防薬を投与します。
         (地域差あり)
         現在はまだ投薬の必要はありません。
         遅くとも6月には投与を始めてください。

ノミダニ感染予防:基本的には通年予防すべきですが、
         いまの時期の感染率は低いと考えられます。
         フィラリア予防と同じ時期は投薬による予防が必要です。

混合ワクチン  :狂犬病とは別の病気のワクチンです。
         接種時期はそれぞれです。かかりつけの獣医に確認してください。
by petclinico | 2011-03-18 22:33 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

フィラリア健診実施中です。

当院では6月末まで、「フィラリア健診」を実施します。

これは
  フィラリア抗原検査(フィラリアが体内に寄生しているかどうか)
  血球計算(赤血球、白血球、血小板の数 
       = 貧血など血液の病気の有無や全身の状態をみる)
  血液化学検査(内臓やホルモンに異常はないか)

この3つの検査を、1回の採血で行おうというものです。
そしてセットにして項目をしぼることで、
別々に行うより割引料金で、かつ迅速に実施します。

対象は全てのワンちゃんですが、特に今は何も心配なところのない
元気そうなコにおすすめです。

何かの症状があったり、心配な点があったりした場合は
他の検査も含めて、詳細に調べる必要があるかもしれません。

元気なコこそ、定期的にこういった検査をうけると
隠れた異常を早期発見できる場合があります。

また元気な若いうちのデータをとっておくことで
病気のときの比較参考に利用できます。

これら検査だけで、すべての病気を発見できるわけではありませんが
健康管理におおいに役立つと思います。

ぜひご検討下さい。
同様の検査は、多くの動物病院で実施されています。
  
by petclinico | 2010-04-01 21:46 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

狂犬病予防接種の時期です!!

狂犬病予防接種のおしらせハガキが、市町村から
ワンちゃんのいるお家に届いていることと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、
「狂犬病」はイヌや人その他多くの動物に感染し
発症すればほとんど死に至る、たいへん恐ろしい病気です。

つづきはこちら
by petclinico | 2010-03-31 17:59 | クリニックよりのお知らせ | Comments(2)

[おしらせ] デンタルケア推進月間

 お家のわんちゃん、猫ちゃんの唇をやさしくめくって、ちょっと口の中(歯の外側)をみてください。無理しないでそうっと。
犬歯のあたりや上の奥歯のまわりに茶色のかたまりはついていませんか?
歯茎があかくなったり、以前より口の臭いが気になりませんか?

 犬や猫は人とくらべてあまり虫歯になりません。だったら歯磨きしなくてよいかというと、そんことはないのです。家庭の犬猫のおよそ70%が歯周病にかかっているともいわれます。

犬猫の歯周病はおもに
 歯石の沈着が最初の原因となることがおおく、
 徐々に悪化して痛みで食べづらくなったり、
 歯が抜けてしまうこともあります。アゴの骨がとけてしまうことも。

歯周病を予防するには、日々少しずつでも歯みがきなどお手入れをする必要があります。すでにたまってしまった歯石は動物病院での治療で除去します。治療についての詳細は担当の獣医に確認してください。

 当院では3/10までをデンタルケア推進月間として

 ・デンタルケアの重要性について、皆様への積極的な説明
 ・歯科検診の実施
 ・院内歯石除去費用の一部割引
 ・デンタルケアの方法やデンタルケア用品のご紹介

 などを行ってまいります。またこのブログでも歯周病やデンタルケア、についてより詳しく説明します。うさぎさんの歯の問題についても書きたいと思っています。

 野生動物は何もしなくてもゃんと生きているじゃないか、というお声もあるかもしれません。しかし家庭動物と野生動物では、食性も寿命もことなるのです。家庭動物がより長い健康な生活を送るためには日々のケアが大切です。
by petclinico | 2010-02-06 10:38 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)