ペットクリニック大橋 院長のブログ

petclinico.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

当院の時間外診療について

本日ご来院の方から、時間外の対応について質問をいただきました。
大切なことなので、以下に少し整理します。

まず当院では365日/24時間の対応はできず、極力時間内でのご来院をお願いしています。

一方、生きている動物たちには、予期せぬいろいろなことが起きますし、
現代に生きる我々はなかなか忙しく、うまく時間が取れないことも多々あります。


そこで皆様へのお願いです。

・当院は診察時間外の電話対応を、留守番電話にしています。急患の方、御用の方は遠慮なくメッセージを録音してください。私の手元に転送されるようになっています。録音がないと転送されませんので、電話をいただいたことにも気づきません。

・深夜(夜9時から翌朝6時)は原則として、湘南夜間救急動物病院を受診してください。当院ホームページにリンクがあります。年中無休で複数のスタッフで対応してくれ、診療内容が当院に連絡されます。直接電話での予約の後、ご利用をお願いします。

・深夜以外の時間帯/当院休診日の日中などの急患は、可能な限りこちらで対応します。その際は、必ず事前に電話にてご連絡をお願い致します。

・当院で継続して緩和ケアや、重篤な疾患の治療中の場合は個別に相談の上、深夜でもご来院いただいております。

・忙しい方で、どうしても診察時間内に受診できない等の場合も、個別にご相談ください。


いろいろお願いしてしまいましたが、皆様のご理解、ご協力をいただけましたら幸いです。
by petclinico | 2013-07-24 14:51 | ご来院の方への連絡 | Comments(0)

「オバケとパンツとお星さま」展に行ってきました。

b0138613_21355269.jpg
今日は休診日。入院のコも通院予定もなしということで
東京都現代美術館で開催中の「オバケとパンツとお星さま」展に娘と出かけました。

この展覧会は「さわったり」「はしゃいでも」よい、写真もOKという
子供たちに楽しいものでした。娘はだまって絵を眺めることに慣れすぎていて
逆にとまどっているようでした。

世界の成り立ちと、それに対峙する自分について考えさせてくれるのが
アートの一つの面だと思いますが、娘がどう感じてくれたか。楽しみです。

そういえば、我々の仕事もそうだよな〜、などと考えていました。
動物があらわしてくれる世界と自分。

あと、この美術館のレストランのカレー、とてもおいしいです。
by petclinico | 2013-07-21 21:21 | その他 | Comments(0)

予約制への変更 一つの“いのち”にしっかり向き合うために

 ご来院の皆様にはハガキにてお知らせしましたが、
当院では本年9月1日より診療を予約制にさせていただきます。

 「予約制ってなに?どうかわるの?」
 「なんか面倒だなあ。」
 「行きたいときにいっちゃいけないの?」
 「なんで変更する必要があるの?」
 「本当によくなるの?」

こんな風に思われる方もいるかもしれません。そこで順番に説明します。


・予約制ってどうかわるの?

いままではいつでもご来院の順番に診察を受け付けていましたが、
変更後は事前に予約いただいた時間にあわせて診療します。


・なんだか大変そう。

申し訳ありません。
しかし来院時に受付窓口で次回分を予約する、あるいは必要なときお電話いただくだけです。
(診療の予約は、窓口/電話ともに診察時間内ならいつでもお受けします。)


・行きたいときにいっちゃいけないの?

もちろん予約無しで来院の場合も、時間を調整しながら、随時できるだけすみやかに診療します。
急患は特に優先します。しかし皆様に予約にご協力いただけば、よりスムーズに受診いただけます。もちろん受診当日の直前の電話での予約でも大丈夫です。


・どうして変更するのですか?

これにお答えするのが最も大切です。私たちは今、自分が診療を担当する一つの“いのち”にしっかり向き合いたいのです。“いのち”とは家庭動物の生命とその健康、それを必要とする皆様との大きな「物語」です。それを大切にするために、過剰でも不足でもない正確な診療を行う。その環境づくりとしての予約制です。


・ 本当によくなるの?

当院は現在でも比較的時間をかけた診療を行っています。しかし短時間にご来院が集中することもあり、待ち時間が長くなる、駐車場が利用できなくなる、待合室が混雑するなどの問題がでます。
そういう状況では動物たちの負担も増え、やはり慌ただしい診療となります。予約制への変更により、もっとスムーズに、もっと良い診療を提供できるようになると考えています。


家庭動物の健康を目指し、それを通して皆様と診療する私たちは何を得られるのか、
常に考え続け試行錯誤を続けていきたい。
そのために皆様のご理解、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い致します。
by petclinico | 2013-07-14 09:25 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

スモールクリニックであること

最近猫ちゃんの避妊手術をおえて、麻酔から覚めてしばらくの様子を観察していたとき、
しみじみ感じました。

ああ、スモールで、コンパクトで、もっとパーソナルな動物病院を自分は作りたいんだなと。
(まるで日本のコンパクトカーのCMみたいですね。)


ちょっとうまく説明できるかわかりませんが、

いま都市部を中心に「大きな動物病院」があり、「高度な医療」が「チーム医療」で行われています。それを否定するのではありません。僕もかつて、当時としては比較的規模のある所に勤めていましたし、現在も大学や民間の「大きな動物病院」に依頼し、患者動物たちを紹介しています。

一方、それとは違う方向性をもっと追求したい、「大きな動物病院」に甘えるのでなく、
スモール、コンパクト、パーソナルだからこその
アクセスの良さ、バラツキのない質の良さ、安心と親密さ、スピードと時間のゆとり、
特定分野の強化、スタッフの労働環境の良さ、経営の安定、新たな価値観の提示。

それによって一つの“いのち”にしっかり向き合い、皆さんの「物語」を守っていく。
スタッフ一人一人の個人の力で。


当院も含め都市部では「小さな動物病院」が乱立しています。これから淘汰されていくという話も聞きます。危機感を持って、皆さんに必要とされるスモールクリニックでありたいです。
by petclinico | 2013-07-14 09:16 | あいさつ | Comments(0)

とても暑いので、8月末まで診療時間を延長します。

皆様ご無事でしょうか。

とても暑いので、8月末まで診療時間を延長します。

通常午後の診療は3時〜6時ですが、夜7時まで受け付けます。
動物たちのため、なるべく一番の暑さをさけてご来院ください。

9月からは通常の診療時間に戻りますので、ご注意ください。

また当院は休診日をのぞく毎日朝8時から診療しています。
ご存じない方もいらっしゃるようですが、ご利用ください。

通院で具合が悪くなってしまっては大変です。
またわんちゃんは暑さにとても弱いので、充分ご注意くださいませ。
by petclinico | 2013-07-11 15:25 | ご来院の方への連絡 | Comments(0)