ペットクリニック大橋 院長のブログ

petclinico.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

血液検査は万能ではないですが

当院では例年、フィラリア症予防開始のこれからの時期に
投薬前のフィラリア抗原検査と、健康チェックのための血液検査を
組み合わせた「フィラリア健診」を優遇料金で実施しています。

今年も同様に6月末まで実施します。もちろんこれらの検査は
いつでも出来るものですが、フィラリア抗原検査が必要なこの時期に
ついでといっては何ですが、優遇料金で健康チェックをご利用いただければ。

この取り組みは当院に限った事ではなく、多くの動物病院でおこなわれ
すっかり定着しました。それだけ意味のあることだといえると思います。

それではフィラリア感染の有無意外に何がわかるのか。
もちろん血液検査ですべての病気がわかる訳ではありません。
しかし問診や身体検査と組み合わせる事で、かなりの情報を得られます。

たとえばなかなか最初は症状に出にくい、貧血の傾向や肝臓や腎臓の病気
栄養やホルモンのアンバランスにともなう影響など確認できるのです。

これは必ずしも高齢動物に限って必要という事ではなく、
当院では3才以上のワンちゃんにはお勧めしています。


家庭動物たちの健康を守る取り組みに、これさえやれば安心!という
決定的な物はありません。栄養や生活環境の整備、ワクチンなど必要な予防処置、
さらにはこのような健診を一つ一つ(ちいさい事でも)組み合わせて
いくしかありません。

当院ではウェルネス・ビジット、すなわち病気でなくても健康のために
ご来院いただくことをおすすめしています。
よって不必要な事、過剰な対応を皆様にご提案する事はいたしません。
これは皆様への約束です。

検査の詳細やご費用などについては、どうぞお気軽にお問い合わせください。
by petclinico | 2014-03-29 13:56 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

消費税率の変更について

4月1日の消費税率変更にともない、当院でも外税を8%に変更しますが
税抜きの診療費の変更は一切ありません。

今年はじめより会計を外税(税別)とさせていただきました。
その税率についてのみ変更します。


消費税率の変更や、公共料金をはじめとする様々な
クリニック運営コストの上昇について、どう対応するかは大きな課題です。

まずは無駄をなくすことで対応し、それでもまかなえない部分も含めて
今年秋頃に診療料金全体の設定を
見直しさせていただきたいと思っております。

その際は一律値上げではなく、皆様に納得していただける
動物達に充分なケアをしてあげやすい料金体系を工夫します。

皆様のご理解と、ご協力をお願い申し上げます。
by petclinico | 2014-03-29 12:40 | クリニックよりのお知らせ | Comments(0)

2014年 春

春がやってきました。

ワンちゃんのいるご家庭には、保健所から狂犬病のハガキが
届いている事と思います。また、いろいろとしてあげなきゃと
ご心配もあると思いますので、この時期そしてこれからの一年で
必要な事についてまとめます。


まず狂犬病の予防接種。
ご存知の通りワンちゃんを保健所に登録し、一年に一回予防接種を
受ける事が法律で義務づけられています。年度ごとに4月〜6月に接種を受けます。

実は昨年、日本と同じように狂犬病のない国のはずだった台湾で
狂犬病の発生が確認され、獣医の間では大変恐ろしい事だと認識されています。

先日、獣医師会の講習会でも改めて狂犬病について勉強したのですが
狂犬病を実際に診た事のない私たちも認識をあらためて、危機感をもつ
必要性を感じました。

現在およそ40%程しかないといわれる、狂犬病ワクチンの接種率の向上のため
皆様のご協力をおねがいします。予防接種は獣医師会の集合注射でもうけられますし
当院でも随時可能です。接種費用も集合注射と同じで(再診料別)、
藤沢市/鎌倉市の方は、登録手続きも当院で代行します。


次にフィラリア症の予防。
少なくなったとはいえ、地域にはまだ病気として存在しています。
生命にかかわる病気でありますので、しっかりとした予防を強くお勧めします。

予防薬は蚊に刺されなくするものではなく、体内に侵入した虫を幼虫のうちに
効果的に駆虫するものですので、蚊の発生1ヶ月後から蚊がいなくなった1ヶ月後
が予防期間です。

藤沢鎌倉エリアでは、5月中旬から12月中旬が投薬期間となります。
まだ慌てる必要はありませんが、早めの準備をおすすめします。
前倒しで投薬するより、しっかり予防期間の最後まで投薬する事が重要です。


さらにノミやマダニなどの寄生虫予防や、混合ワクチンの接種も重要です。
これらはワンちゃんの種類や体調、生活環境や活動範囲により様々な方法から
必要性に応じて選択します。

やりすぎも不足もいけない、その子とご家庭に必要かつ充分な方法で春以降の
予防を進めていく事が重要です。

どうぞお気軽にご相談ください。
by petclinico | 2014-03-28 15:29 | ウェルネスビジット | Comments(0)

半分どうぶつ はんぶん人間

やや久しぶりのブログ投稿です。

最近、これからの自分の仕事について考えていて
そうだ、半分動物、半分人間でいこう
と思いました。

どういう事かというと、我々獣医の仕事は動物の病気を
予防したり治療する事ですが、それを依頼するのは人(皆さん)です。
野生動物の保護だって社会の要請によるものといえます。

私は今までも動物と人、その両方のために仕事をしてきたつもりですが
そのバランスを崩しているときがあったのではないか
そう思ったのです。とくに自分の心の中の問題として。


これからは自分の時間を、知識を、技術を、関心を
ちょっと大げさですが人生を、

半分は動物たちのために、半分は皆さんと自分のために
捧げていきたいなと考えています。
by petclinico | 2014-03-26 14:50 | その他 | Comments(0)