ペットクリニック大橋 院長のブログ

petclinico.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 春

春がやってきました。

ワンちゃんのいるご家庭には、保健所から狂犬病のハガキが
届いている事と思います。また、いろいろとしてあげなきゃと
ご心配もあると思いますので、この時期そしてこれからの一年で
必要な事についてまとめます。


まず狂犬病の予防接種。
ご存知の通りワンちゃんを保健所に登録し、一年に一回予防接種を
受ける事が法律で義務づけられています。年度ごとに4月〜6月に接種を受けます。

実は昨年、日本と同じように狂犬病のない国のはずだった台湾で
狂犬病の発生が確認され、獣医の間では大変恐ろしい事だと認識されています。

先日、獣医師会の講習会でも改めて狂犬病について勉強したのですが
狂犬病を実際に診た事のない私たちも認識をあらためて、危機感をもつ
必要性を感じました。

現在およそ40%程しかないといわれる、狂犬病ワクチンの接種率の向上のため
皆様のご協力をおねがいします。予防接種は獣医師会の集合注射でもうけられますし
当院でも随時可能です。接種費用も集合注射と同じで(再診料別)、
藤沢市/鎌倉市の方は、登録手続きも当院で代行します。


次にフィラリア症の予防。
少なくなったとはいえ、地域にはまだ病気として存在しています。
生命にかかわる病気でありますので、しっかりとした予防を強くお勧めします。

予防薬は蚊に刺されなくするものではなく、体内に侵入した虫を幼虫のうちに
効果的に駆虫するものですので、蚊の発生1ヶ月後から蚊がいなくなった1ヶ月後
が予防期間です。

藤沢鎌倉エリアでは、5月中旬から12月中旬が投薬期間となります。
まだ慌てる必要はありませんが、早めの準備をおすすめします。
前倒しで投薬するより、しっかり予防期間の最後まで投薬する事が重要です。


さらにノミやマダニなどの寄生虫予防や、混合ワクチンの接種も重要です。
これらはワンちゃんの種類や体調、生活環境や活動範囲により様々な方法から
必要性に応じて選択します。

やりすぎも不足もいけない、その子とご家庭に必要かつ充分な方法で春以降の
予防を進めていく事が重要です。

どうぞお気軽にご相談ください。
by petclinico | 2014-03-28 15:29 | ウェルネスビジット